信用情報とはなんでしょう?

MENU

信用情報ってなんですか?

 

消費者ローンやサラリーローン、クレジットカードを利用すると信用情報に記録が残ります。
またこれらのサービスに申し込んだ際、審査では金融機関が申込者の信用情報をチェックします。

 

カードローン利用者であれば信用情報が何なのかある程度分かっているという人も多いかもしれません。
しかし初めて利用する方にとっては何のことだかさっぱり分からないと言う状態ではないでしょうか?

 

また聞いたことはあるけど具体的に何なのかいまいちよくわからないという人も多いかと思います。
そこで今回は信用情報について見ていきたいと思います。

 

 

信用情報とは?

 

信用情報とは個人の借り入れや返済などのクレジットヒストリーを取りまとめた情報のことを言います。
個人の属性情報とクレジットやローンの利用状況を情報として集めているものです。
金融機関では審査を刷るに当たり申込者の信用情報を利用します。
信用情報に金融事故など異動情報があれば審査は大きく不利になり秘訣になる可能性が高くなります。

 

信用情報には個人を特定するための情報、ローンやクレジットの申込、契約内容、携帯電話本体の分割払いなどの割賦情報、利用状況返済状況に関する情報などがまとめられています。
携帯電話の本体を一括払いで購入すれば信用情報に記録はされませんが、多くの方は割賦払いで購入していることでしょう。
ですから殆どの人は割賦払いの情報も信用情報に記録されていると思ってよいでしょう。

 

個人の信用情報は個人信用情報機関が管理しています。
各金融機関はこの機関に加盟しており審査の際に申込者の信用情報を紹介し審査に利用しています。

 

金融機関は利用者がローンやクレジット利用する度に、その利用履歴を個人信用情報機関に申告しているのです。
ですから指定信用情報機関には常に最新の情報が管理保持されているといえます。

 

 

信用情報を取り扱う信用情報機関とは?

 

信用情報には個人の属性、借入情報、返済情報など全て含まれます。
これらの情報を管理するのが個人信用情報機関です。
消費者の多重債務や過剰貸付の防止、金融機関の融資判断の参考資料の提供を目的に日本国内には全部で3つの信用情報機関が存在します。
株式会社日本信用情報機構、株式会社CIC、全国銀行個人信用情報センターの3社です。
それぞれの信用情報機関で加盟する金融機関が異なり、登録される情報も異なります。
個人信用情報機関はあくまでも情報の収集・管理・提供が業務であり審査は一切関与しません。
ですからカードローンの診査に落ちた理由を問い合わせても絶対に教えてはくれません。

 

 

信用情報に異動情報が載ると審査に通らない?

 

ブラックリストという言葉を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか?
しかし金融業界においてブラックリストというものは存在せず、信用情報に異動情報が載ることをブラックリストと呼んでいると解釈するのが正しいでしょう。
異動情報とは要するにマイナス要因となる情報のことで、ローンやクレジットの返済を遅延したりカード会社による強制解約、債務整理や代位弁済など金融事故のことを指しています。
カードローンの審査では申込者の属性を点数化し、その後に信用情報をチェックしますが、異動情報が載っている場合はスコアリングに入る前に審査否決となります。

 

信用情報機関は加盟している金融機関から集まる情報のみを保持していますが、ネットワークを通じて情報を共有することが出来るようになっています。
例えば、田中さんが株式会社CICに加盟するAという消費者金融にカードローンの申し込みをしたとします。
無事審査に通過しローン契約を結び借入れしたとします。
当然A消費者金融は加盟する株式会社CICにその利用履歴等の情報を申告し、それを受けたCICは情報を管理保持します。
しかし田中さんは返済が苦しくなり期日を過ぎても返済できず延滞をしてしまったとします。
Aは返済延滞という事実をCICに申告しますので当然この情報は残ります。
繰り返しになりますが返済延滞は異動情報ですから審査では不利になり秘訣になる可能性が高くなります。
次に田中さんは全国銀行個人信用情報センターに加盟するBという銀行にカードローンの申し込みをしました。
Bは申込者である田中さんの信用情報を確認するため、全国銀行個人信用情報センターに田中さんの信用情報の照会を行います。
田中さんは返済延滞していますがその情報はCICにのみ登録されていませんので、本来であれば全国銀行個人信用情報センターを照会しても田中さんが返済延滞をしているということは分かりません。
しかし情報は共有されていますので田中さんが延滞しているという事実を知ることが出来るのです。
ですから当然Bのカードローンの審査は否決となります。

 

信用情報は個人で確認することが出来ます。
信用情報の状態に問題ないか不安という方は、ローンに申し込む前に一度確認してみると良いでしょう。