サラリーローンで安心安全な金融業者はどこ?金利は高め?

MENU

サラリーローンで安心安全に借りれるとこは?金利は高い?

 

すぐお金を借りたいなら

安心安全の大手カードローン

↓ ↓ ↓ ↓

 

サラリーローンとは一般的にはノンバンク系である消費者金融が消費者へ行なう小口の無担保融資のことを言います。

 

当初はサラリーマンが主な顧客であったためにサラリーローンと呼ばれるようになりました。

 

サラ金という言葉を耳にしたことがある方も多いかと思いますが、これはサラリーローンの略称です。

 

サラリーローンは全国各地に存在していますが中でも大阪は群を抜いており、サラ金の街と比喩されるほどでサラリーローンで溢れています。

 

昔に比べると数こそは減ったものの今もなお大阪には沢山のサラリーローンが存在しています。

 

 

サラリーローンは担保も保証人も不要で金融業者からお金を借りる事が出来ます。

 

その為、書類は簡単なものだけで良く手続きも非常に簡単で、他のローンでは融資までに数週間かかるところサラリーローンなら当日中にお金を借りることも可能です。

 

気軽に利用できる反面サラリーローンは金利が非常に高いです。

 

金利が高い理由はそれだけ貸付ける側とってのリスクが大きいからです。

 

住宅ローンやマイカーローンなどが初めて契約する人でも高額な借り入れができるのはなぜだか分かりますでしょうか?

 

それは担保や保証人を付けているため貸付ける側にとってリスクが少ないからです。

 

万が一、貸したお金が返ってこないとなっても担保にしている土地や建物の売却代金でお金を回収することが出来ますし、保証人がいれば保証人に催促してお金を回収することも出来ます。

 

要するに有担保ローンは保険が効くので高額な貸し付けも可能というわけです。

 

 

しかし一方で無担保且つ無保証人で利用できるサラリーローンは、万が一貸したお金が返ってこないとなると非常に困った事になります。

 

サラリーローンでは土地や建物など売却することは出来ませんし債務者本人以外に催促することも出来ません。
最も債権回収代行業者によって代位弁済をしてもらえば貸しつけたお金は戻ってくるでしょうがそれにも費用が必要となりますので、出来るだけ利用はしたくないところ。

 

このようにサラリーローンは一定の債務不履行の可能性も踏まえた上で個人へ貸付を行う必要があります。
回収できなかった分はその他の利用者からの支払いによって利息で賄う必要があります。

 

そして回収不能分を賄うためには十分な儲けを得る必要がありますのでサラリーローンではある程度高い金利設定をする必要があります。

 

銀行でも個人への小口融資は行っておりますが消費者金融に比べると金利は遥かに低いです。
しかし銀行の場合はその分審査基準を非常に厳しく設定していますので、出来る限り債務不履行がでないようリスクを最小限に抑えています。

 

ですがサラリーローンが銀行と同じように低金利で貸し付けることはかなり難しいです。
サラリーローンは銀行からお金を借りてそのお金を消費者に貸し付けています。

 

当然銀行には利息付きで返済しなければいけませんので自社の利益確保のためにも金利は銀行より高くしないと十分な利益は得られないのです。

 

ですからサラリーローンでは金利を高くする代わりに審査基準は銀行よりも緩くし、融資対象者を幅広くしているのです。

 

 

サラリーローンの特徴は審査が早いこと、申し込み方法や返済方法が多様であることです。

 

特に審査が早い点は急いでお金を必要としている方にとっては大きなメリットと言えます。

 

通常金融機関でお金を借りるとなると何週間も審査結果を待たなければいけませんが、サラリーローンなら当日中に審査結果が分かる上に融資を受けることも可能です。

 

申し込んだその日にお金を借りれるローンはサラリーローンなど個人向けの小口融資ぐらいしかありません。

 

サラリーローンには他では真似できないメリットがあるのです。

 

 

サラリーローンの金利はどのくらい?

 

サラリーローンを利用したいけど金利は具体的にいくらぐらいなのか?

 

法外な金利で利息の返済だけでも大変そうと考えている人が多いようです。

 

確かにサラリーローンと聞くと物凄く金利が高いイメージで利息の支払だけでも精一杯なんてイメージは強いかもしれません。

 

金利は年間で借入した金額に対して付く利息の額のことを言います。

 

低金利のほうが良いというのは分かるけどそもそもどの程度なのか分からないという方も多いかと思います。

 

既にご存じの方も多いかと思いますが、サラリーローンと消費者金融は同じです。

 

当然金利も同じものを指しますのでサラリーローンのほうが金利が高い、消費者金融のほうが金利は安いということないです。
消費者金融はもともとサラリーローンやサラ金と呼ばれていて、その当時は金利が物凄く高く、かなりネガティブなイメージを持たれていました。

 

しかし2010年に施工された改正貸金業法をきっかけに消費者金融という言葉が使われるようになりました。

 

金利に関しては結論を言ってしまえば概ね年18%と思って良いです。

 

「え?ホームページには年4.5%〜年18%みたいに表記されているよ」と思う方が殆どかと思います。

 

何故年18%なのかといいますと、金利の上限は法律によって定められており、極度額が10万円未満の場合の金利は20.0%が上限、10万円以上100万円未満なら上限は年18.0%、100万円以上の場合は年15.0%が上限とされています。

 

極度額によってそれぞれ金利の上限は決まっておりそれを超えての金利設定はできないということになります。

 

では何故、概ね18%と思っておいて良いと説明したのかといいますと、サラリーローンを利用する方の大半は、必要な金額が50万円以下であり、更に殆どの業者は最低貸出限度額が10万円〜となるからです。

 

 

「じゃあ貸付枠が10万円でも借りている金額が1万円なら金利は年20%なの?」と思うかもしれませんがこれは違います。

 

金利は始めに業者と交わした貸付枠の金額で設定されます。

 

ですから例えばサラリーローンで同じ20万円を借り入れするにしても、Aさんの貸付枠が50万円でBさんの貸付枠が100万円ですと両者の金利は異なってきます。

 

この場合、Aさんは年18%でBさんは年15%の金利が適用されます。

 

 

どのサラリーローン業者も金利は年〇〇%〜年△△%といったように表記しているかと思います。

 

〇〇%は下限金利、△△は上限金利といいます。

 

多くの人は〇〇%の方つまり下限金利を見て判断してしまいますが、だいたい初回契約時の金利は△△%である上限金利が適用されます。

 

これは初回の貸付限度額が少額であることが理由でもありますが、そもそも始めは全く信用のない状態から借入がスタートとなりますので、サラリーローンで貸付ける側にはどうしてもリスクが生じます。

 

ですから万が一の事も考え金利は高く設定しています。

 

低金利でお金を借りる方法についてはココを参考に⇒金利って何?低金利でカードローンで借りる方法は?

 

 

中小のサラリーローンは安全面で不安!?

サラリーローンと言えば、テレビCMでもお馴染みで有名な大手を最初に利用したことがあるという人が殆どではないでしょうか?

 

全国展開でどの地域の人でも利用できますし対応が早いので非常に利便性が高いですから人気なのも納得がいきます。

 

ですが中には中小のサラリーローンを敢えて狙う人もいます。

 

理由としては色々ありますが、中小のサラリーローンには大手にはないような便利さがあります。

 

しかし中小と聞くとどことなく安心して利用できるのか不安に思ってしまいますよね。

 

一時期は社会問題にまでなったような気もしますし、怖いお兄さんが取り立てに来たり高い利息でお金を貸すなんてことがあったらどうしようと考えてしまいますよね。

 

 

中小と大手のサラリーローンにはどのような違いがあるのか紹介していきたいと思います。

 

大手のサラリーローンは審査が非常に早く基本即日対応で、上手くいけば当日中にお金を借りることも可能です。

 

更に手厚いサービスも魅力で中でも無利息でキャッシング出来るのはかなり嬉しいですね。

 

またトラブル時の対応も非常に手厚く安心して利用することが出来るのも大手の魅力と言えるでしょう。

 

一方で中小のサラリーローンはと言いますと、審査こそ早いものの即日対応している業者は少なめです。

 

中には即日融資に対応しているサラリーローンもありますが、基本的にはスピードでは大手に劣ります。

 

またサービスも特になく大手のように無利息で借りれるということはほぼありません。

 

サービス対応は大手ほど繊細ではありませんが、一人ひとりしっかりと丁寧に審査してくれて個人の事情に沿った融資判断を下してくれるケースが多いです。

 

返済トラブルを起こした方やブラックになってしまった方など大手ではまず利用不可な人でも中小なら利用可能ということもあります。

 

 

全体的に見て大手のサラリーローンの方が上で、中小が圧倒的に劣っているというわけでもありません。

 

大手のサラリーローンや銀行で借りれないような人でも借りれるといった対応の柔軟さは中小のほうが上といえます。

 

中小のサラリーローンは地域密着型で貸付を行っている金融業者が殆どです。

 

その為、名前すら聞いたこともないような金融業者が多いです。

 

これを悪用し法律を守らず貸付業務を行なう金融業者が存在しています。

 

それが悪徳業者でヤミ金と呼ばれている金融業者です。

 

 

正規の金融業者かどうかを見ぬくポイントはいくつかありますが、必ずチェックしておきたいのが連絡先が固定電話かどうか、住所が記載されているか、金利の記載があるか、金利が20%以上で設定されていないかどうかです。

 

闇金業者は何時でも逃げられるように連絡先が携帯電話である場合が殆どです。

 

また店舗を持っていない業者が殆どで住所の記載がありません。

 

金利の記載もないことが多く、あっても法律で定められた金利を守っていません。

 

中には上記の条件に当てはまらなくてもいざ利用してみたらヤミ金だったということも珍しくありません。

 

中小のサラリーローンにはこのような危険が潜んでいますので、安心安全に利用したいのであれば大手を選ぶほうが良いです。

 

大手のサラリーローンでお金を借りるのが安心安全

 

上記で説明した通り中小サラリーローンには闇金業者のような悪質な貸付を行う業者が紛れていますので非常に危険です。
名前が知られていない業者が多いがゆえに起きてしまうものと言えます。

 

大手サラリーローンに比べると審査基準は甘いですから、本来なら借り入れできないような人でも利用できる可能性があるのが大手にはない特徴と言えます。

 

ただ中小サラリーローンのメリットはハッキリ言ってそれぐらいなものです。

 

中小のサラリーローンですと利用者が得られるメリットは少なく、むしろデメリット部分が大きいです。

 

何度も説明している通り悪徳業者が多く紛れていますので、無理して利用する必要は全く無いでしょう。

 

そもそも審査に取らないような人はサラリーローンを利用するべきではありません。

 

返済でなにかしらの問題を起こしたからこそ審査に通りにくくなっているわけで、仮に融資審査をクリアしてもまた同じことで信用情報に傷がついてしまう可能性が非常に高いです。

 

信用情報について詳しくはココ

 

 

そうなればいよいよ自己破産の道を歩まざるをえないかもしれないわけですから、中小でしか借りれないという人は出来ればサラリーローン自体利用しないほうが賢明な選択といえるのではないでしょうか?

 

 

中小のサラリーローンは大手に比べ審査基準が甘いですが、決して大手が滅茶苦茶厳しいというわけではありません。

 

普通に働いて安定収入があり返済で問題を起こしていなければ大手の審査をパスできる可能性は大いにあると言ってよいです。

 

パートやアルバイトでも利用している方は沢山いらっしゃいますので、審査でそこまで不安になる必要はありません。

 

大手のサラリーローンは使い勝手がとにかく良いです。

 

来店すること無く手続きできるのは勿論自宅にいながらでも融資を受けることが出来ます。

 

しかも申し込んだその日に借り入れすることも出来るほど対応がスピーディーですから急ぎでお金が必要なときも安心です。

 

また平日だけでなく土日祝日も営業していますので週末にお金が必要になった時でも借り入れすることが出来ます。

 

参照ページ⇒土日にカードローンでお金を借りるためにはどうすればいい?